代表的なミネラルウォーター

水サーバーでは当然のように使われている天然水ですが、日本で最初にヒットとなった天然水はハウス食品の「六甲のおいしい水」です。1983年の発売当初は冷ややかな視線で見られていましたが翌年1984年に記録的な猛暑となると、突然大ヒット商品となります。これは夏場の渇水によって飲用の水を確保しておく手段として使われたものでしたが、とにかく認知度が高まったことにより、その後便乗した類似ミネラルウォーター商品が市場に出回るようになっていきます。
1986年になると、「エビアン」「ヴィッテル」「ボルヴィック」といった、有名ミネラルウォーターが日本国内に正式に輸入されてくるようになります。これは、1986年5月に改正されたミネラルウォーターに関する基準の一部変更による影響で、ヨーロッパの無殺菌ミネラルウォーターが日本で販売することに政府の許可がおります。
既に日本国内では多くのミネラルウォーターが販売されていたところに、安価なヨーロッパ産のミネラルウォーターが入ってくることで、大変な競争が生まれました。このころから一般の人たちの中にも「硬水」「軟水」といった水の種類についての知識が浸透し始め、健康増進のために水を使うという考え方が定着してきます。
その後水サーバーのようにいつでもおいしい水を飲めるようにという需要が日本の中でどんどん高まってゆくことになります。大手スーパーなどでも水コーナーを設けて誘客をするようになりました。

サイトメニュー

All Right Reserved, Copyright © 水サーバーの種類と性能