ミネラルウォーターの歴史と水サーバー

水サーバーで使われているミネラルウォーターのもととなったのは、ウイスキーの水割りに使われる水でした。酒屋を中心にミネラルウォーターは小売をされるようになり、さまざまな紆余曲折を経て現在の水サーバーの中に入っているようなミネラルウォーターとなっていきます。
今も酒屋など小売店で販売されている有名ミネラルウォーターである「ペリエ」は日本に1982年かは輸入されるようになりました。それまでは並行輸入品として取り扱われるミネラルウォーターが主流でしたが、ようやく正式輸入をされるようになったのがこの「ペリエ」だったのです。しかし当時はまだまだ国産のミネラルウォーターの方が勢力が強く、「ペリエ」の国内シェアはわずか1パーセント程度でしかありませんでした。
1983年になると、今も日本で販売されている「六甲のおいしい水」が販売されます。これは日本で初めての家庭用ミネラルウォーターとも言えるもので、販売元はハウス食品からでした。しかし、当時は日本では水にお金を出して買うという感覚がまだ備わっていなかったため、それほど爆発的な売れ行きになつながりませんでした。しかし、「高給な水」というブランド戦略の成功もあり、贈答用を中心に多くのファンを獲得しました。
その後、ミネラルウォーターに対しての日本での認識が大きく変わり、やがて水サーバーのような日常的に使われるおいしい水が多くの人から求められるようになったのです。

サイトメニュー

All Right Reserved, Copyright © 水サーバーの種類と性能