水サーバーとナチュラルウォーター

水サーバーの原料である、「ナチュラルウォーター」「ミネラルウォーター」は、現在では毎日の生活の中に当たり前に取り扱われています。年配の方の中にはまだ水にお金を払って飲むことに抵抗がある人もいるようですが、水道水の健康被害やよい水による健康維持効果がわかってからは、水サーバーの利用によってきれいな水を飲みたいと思う人も増えました。
ミネラルウォーターが日本に入ってきたのは今から約130年前の1880年で、この年日本で最初の「天然炭酸水」が発売されました。有名になったのは当時の「東京絵入り新聞」に発表された広告からで、「山城炭酸水」という商品名で販売されました。
その後1888年になると、現在の「三ツ矢サイダー」のもととなった「三ツ矢平野水」が発売となります。これは兵庫県平野から湧きでた自然の天然水を使ったもので、これを明治屋という会社が権利を借り受けて売りだしたのが最初です。続いて1889年には「ウィルキンソン炭酸水」という、六甲の麓に湧き出る炭酸を含んだ鉱泉水が発売されます。「ウィルキンソン炭酸水」とは、英国人「ウィルキンソン」によって販売されたことからつけられた名称です。ウィルキンソン炭酸水は、今も近畿地方を中心に販売されている商品です。
その後1900年代になると次々と新しいミネラルウォーターが国内で販売をされるようになってゆきます。当時のミネラルウォーターは炭酸水が主流でしたが、現在の水サーバーでは炭酸のない水が主流です。

サイトメニュー

All Right Reserved, Copyright © 水サーバーの種類と性能